結婚祝いにル・クルーゼ(le・creuset)コレクション

 お祝いのマナー(結婚祝い編)


● 結婚祝いに『品物』を贈る場合

お祝い品イメージ<贈る品物>

結婚祝いに贈る品物は、新しい生活に必要な家電や食器などのキッチン用品・インテリア小物などが喜ばれます。相手方が自分のほしいものを選べるカタログギフトも人気です。インターネットオンラインショップの利用も増えています。

【NG】包丁やナイフ・ハサミは『切れる』という意味で敬遠されます。(但し、リクエストされた場合はOK)。陶器・鏡・ガラス器は『割れる』という意味で昔は避けられていましたが現在はそれほど気にしなくなってきています。


<送る時期>

《結婚式に招待されている場合》

正式には大安や先勝などの吉日の午前中に、ご自宅に持参して差し上げるものですが、今は挙式1〜2ヵ月前から1週間前までにデパートやショップからメッセージを添えて贈るのが一般的です。

【NG】披露宴当日の持参は相手方の荷物になるので避けます。

《結婚式に招待されていない場合》

挙式後にメッセージを添えて贈るのが一般的です。



● 結婚祝いに『品物』を贈る場合

<ご祝儀の相場>

《結婚式に招待されている場合》

・友人や職場関係の場合・・・3万円程度。夫婦で出席する場合は2人分で5万円以上。
・兄弟姉妹の場合・・・夫婦で出席の場合は10万円。一人の場合は少なくとても5万円。
・包む紙幣は折れる、汚れるなどを嫌うため折り目や汚れの少ない新札を使用する。

【NG】偶数だと『割れる』ということで嫌われることがあります。但し、2万円・10万円は例外です。2万円の場合、「2」はカップルを表すことで気にしないで使われています。8万円は末広がりの意味もあり結婚祝いのご祝儀には問題ありません。4(死)・9(苦)の数字は使わないのが一般的です。

《結婚式に招待されている場合》

披露宴に招待された場合に比べて少なめです。お金の代わりに『品物』で贈ることが多いです。

《祝儀袋》

包む金額とご祝儀袋のバランスが大事。1〜3万円なら300円程度、3〜5万円なら500円程度であれば間違いありません。

【NG】あまりご祝儀を包まないのに、立派過ぎる祝儀袋は逆に失礼です。 【NG】祝儀袋をボールペンや万年筆で書いたり薄い墨で書くのはタブーとされています。

《水引》

・色:金銀。印刷されている場合は赤金もしくは赤銀。
・結び:二度あることの無いよう『結び切り』が基本。

【NG】ほどいて結びなおせる『蝶結びはタブー。『蝶結び』には何度でも繰り返してよいという意味が込められている。

《表書き》

「御結婚御祝」「ご結婚お祝」「御祝」「寿」「御歓び」など。

【NG】「祝御結婚」は四文字なので避けられている。

結婚祝いにル・クルーゼコレクション
カート

 鍋・フライパン

 ストーンウェア

 その他

 新色・新商品

 ギフト・プレゼント

 レシピ本

 お買い物

ベリサリン
当サイトのショッピング用サーバはベリサインのセキュア・サーバIDを取得しています。ご購入情報はSSL暗号化通信により保護されます。安心してショッピングをお楽しみください。

Copy Rights 結婚祝いにル・クルーゼ(le・creuset)コレクション ALL Rights Reserved.